蓄電池の今後の展望 6.「2019年問題」について

tel:0120194546 お問合わせ

スタッフブログ

蓄電池の今後の展望 6.「2019年問題」について

2018年12月03日

皆さんこんにちは。
福岡・鹿児島で蓄電池なら安心頼ホームにおまかせ!
安心頼ホームの北丸です。

今回のテーマは『「2019年問題」について』です。
この「2019年問題」について皆様ご存知でしょうか?
2009年11月より、太陽光発電システムで作った電気を10年間同じ金額で買い取る「固定価格買取制度」が開始されました。
太陽光発電はCO2を発生しないクリーンな発電設備で地球温暖化対策に非常に貢献しますが、高額な商品です。そんな太陽光発電を普及させるために、この固定価格買取制度は定められました。
そんな買取期間が2019年11月より順次満了を迎え、今の価格で元気が売れなくなる問題を「2019年問題」といいます。

2019年に買取期間が満了を迎えるお宅は約56万件、2020年以降も毎年20万件が満了を迎えると言われています。
来年には56万件の太陽工設置のお宅では、現在の売電単価の「48円」で売れなくなり、売電収入のメリットが大幅に減ってしまいます。

また新しい買い取り先が見つからない場合もあります。
そこで今まで売っていた電気を自家消費する為に蓄電池が注目されています。

「じゃあ期間終了後の売電単価はいくらになるの?」と気になりますよね。
しかし現在、買取期間終了後の売電単価は明確には決まっていません。
満了後の売電単価については次回の記事で詳しくお伝えいたします。

福岡・鹿児島で蓄電池の設置を検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積は安心頼ホームまで、お気軽にどうぞ!

安心頼ホームからの情報いろいろ!

〔営業時間〕10:00~18:00 〔定休日〕毎週火曜日

ページTOPへ